東北地方太平洋沖地震関連

  • はじめに

東日本大震災が発生した2011年3月11日から、丸11年となりました。
亡くなられた多くの方に哀悼の意を捧げ、ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。


正直な話、11年も経過すれば、もう私などが語る事はないだろうと、
2011年の私は考えていました。
まさか2022年にもなって、あれから11年が過ぎた今になって、
原子力発電所電源喪失」などという文言に再び触れることになるとは。
そして、そのおぞましい事態が、人為的に起こされるとは。
国家間での侵略戦争が、現実のものになるとは。


何故こんなことが起きてしまったのか。
自分に何か出来る事があるのか。
11年前、次々に飛び込んでくる情報に晒されながら考えたように、
悶々と思い悩む日々が続いています。


それでも私は、人というものを信じています。
人のもつ知恵や優しさというもの、言葉の力というものを。
11年前の、誰にもどうすることもできない大きな災害に直面しても、
なお人として生き続けてきた私を、私達自身を信じています。
だからどうか、あなたも自分を信じて欲しいのです。
きっと明日も生きていくのだと。


2022年3月11日 記


以下、震災関連の情報源をまとめます。

続きを読む

ブログ更新無期限停止のお知らせ。

箱m@sをきっかけとして、前ブログ「箱の外から」を開設して、もうすぐ10年。
近頃は更新頻度が低下しており、今更感はあるものの、ひとつのけじめとして。

今日、このお知らせ記事をもって、当ブログの更新を無期限で停止いたします。
理由は、わたくし個人の事情によるもの。私生活の環境が変化し、自由に使える時間と、なにより精神的余裕が、大幅に減少することとなりました。

ニコマスのファンとして、今まで見てきた動画たち、これから出会う動画たちを個人的に楽しむことは継続していきたいと、今の時点では考えています。
しかし、視聴した動画に向き合い、考え、自分の中の言葉と結び付けて、誰かに届けるための記事として形にするだけの余力は、今後の生活において生み出せる自信がありません。
例えば今、ニコマス動画について紹介記事を書こうとしても、それは動画と正面から向き合ったものではなく、私の生活に起因する心情が大いに反映された、歪で嘘に覆われたものとなるでしょう。
そんなものは、絶対に書きたくない。
また、そうした状態でこのブログをだらだらと放置しておくこと自体、私にとって精神的負担となるだろう、と想像できます。
故に、ここで一度しっかりとピリオドを打ち、私の心に区切りをつけておきたいのです。
ブログそのものを消す、という選択肢を考えないでもありませんでしたが、それはせず、無期限停止という形で、ここに留めておきます。

私がこれまで書いてきた文章が、どれだけの人に届き、何かを伝えることができたのか。それは私にはわかりません。
ただ、これまでのニコマスに関わってきた時間。多くの出会いと、いくつかの別れ。
積み重ねてきた言葉と思考、その証であるこのブログは、私の誇りです。
このブログに書いてきた事柄は、すべてその時の私の真実であったし、全力でした。
それが他愛ない自己満足にすぎないとしても、そのことを終点に立った今、誰はばからず胸を張って書き留められるということは、きっと幸せなことなのでしょう。
そしてそれは、決して私個人によるものではなく、多くの人、多くのブログ、多くの文章、そして多くの動画が私にもたらしてくれた幸せなのです。

個々人の名を挙げていくと、おそらく夜明けまで思い出し続け、書き続け、それでも書き漏らして、後で悔いることになるでしょうから、やめておきます。
代わりに、今日までニコマスブログを書いてきたことで得られた全てに、心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。
あわよくば、また。いつかどこかで。

僕らは歌うんだ

“バンナムフェス”DAY1リポート! 約5時間におよぶ“315(サイコー!)”のライブで西川貴教さんが『アイマス SideM』のアイドルに!? - ファミ通.com

www.famitsu.com

 本ライブは、バンダイナムコグループから生まれたアイドル、そしてタイトルのテーマソング・主題歌を担当する豪華アーティスト達が出演する、バンダイナムコエンターテインメント初のタイトルの垣根を超えたエンターテインメントライブとして、10月19日、20日の2日間にわたって東京ドームにて開催される。公演1日目の出演者は以下の通り。

出演者(※敬称略)

 ということがあったそうで。
ライブそのものについては「参加された皆さんが幸せそうならそれでいいや」って感想しかないので、そうであることを願うだけなのですが。

そうか。ジュピターが、765プロと、多くのアイドルたちと、東京ドームで、ね。

f:id:K_1155:20191020202554p:plain

f:id:K_1155:20191020202616p:plain

f:id:K_1155:20191020202941p:plain

f:id:K_1155:20191020203003p:plain


作:散髪屋P
(2011/12/13投稿)
8年かかって、ようやく現実は、ここまでニコマスに近似した光景を実現したんだな。
追いついてもいないし、もちろん追い越してもいない。
それはそうだ。だって違う道を走ってきたから。
あの頃の理想とは、今立っている場所は違うけれども、だからこそ、どちらにも同等に価値があるのだと、私は思います。
アイマスが続いてきたこと、ニコマスが続いてきたこと、その双方にとって、ひとつの意味を与えるライブとなったのではないかな。
この動画と、アイドルマスター2に特別な思いを抱くものとして、感謝と祝福を贈ります。
おめでとう。ありがとう。